世界的な野鳥図鑑画家、谷口高司さんの作品展と鳥絵塾      井の頭自然文化園で

図鑑一冊をまるごと描ききる野鳥イラストレーターとして国内外で活躍している谷口高司さんの作品展「鳥たちへのおくりもの」が、10月17日-12月3日(月曜休館)9時半-16時半、井の頭自然文化園彫刻館B館(吉祥寺駅公園口徒歩10分)で開催される。

11月23日には野鳥イラスト教室「タマゴ式鳥絵塾」も開かれる。

 

谷口さんは1948年、杉並区善福寺に生まれ、早稲田大学商学部卒業。1994年、日本人として初めて米国スミソニアン自然史博物館から指名発注を受けた。日本で一番数多く野鳥を描いている画家として知られ、著書が多数ある。今回は自選作品と新作のほか、「巣箱」をキーワードに「繁殖のための手助けをしている」さまざまな事例や工夫についても展示する。

入館料400円(65歳以上200円、中学生150円、小学生以下と都内在住の中学生無料)。

▼谷口高司「タマゴ式鳥絵塾」=11月23日10-11時(子ども向け)、11時半-12時半(大人向け)。各回30人募集。参加費300円(画材代金。画材の持ち込みはできない)。往復はがき往診面に参加希望者全員の氏名(ふりがな)、年齢(学年)、代表者の住所、氏名、電話番号を、返信面に代表者の住所、氏名を書いて、〒180-0005武蔵野市御殿山1-17-6、井の頭視線文化園「谷口鳥絵塾」係へ、またはEメールtorie@tokyo-zoo.netで件名を「谷口鳥絵塾」とし、本文に参加希望者全員の氏名(ふりがな)、年齢(学年)、代表者の住所、氏名、電話番号を書いて、送る。いずれも11月2日消印有効(メールは2日までに送信)。

《問》0422-46-1100同園。

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ