「99歳の彫刻家・関頑亭-声字実相義 耳で見つめ、目で聴く」 7月1日まで国立のたましん歴史・美術館で開催

99歳の今も制作を続けている彫刻家、関頑亭さんの初期から近作まで展示して、関さんの生き方そのものに迫る作品展「99歳の彫刻家・関頑亭-声字実相義 耳で見つめ、目で聴く」が、7月1日までたましん歴史・美術館(国立駅南口前、たましん国立支店6階)で開催されている。

関頑亭さん(本名・保壽)は大正8(1919)年、北多摩郡谷保村に生まれ、17歳で彫刻家・澤田政廣に弟子入り。21歳の時、徴兵で配属された旧満州(中国東北部)ハルピンの極楽寺で普蔭法師に会い、密教の世界を知った。除隊後の26歳の時に東京都中野区の宝仙寺の住職・富田斅純(こうじゅん)老師から弘法大師の説く「声字実相義(しょうじじっそうぎ)」の教えを乞う。富田老師に密教の教えを授けられるに至り、その世界を深めていった。

1956年、太平洋画会展で東京都知事奨励賞受賞、61年、高安寺(府中市)に金剛力士像を制作奉納、76年、亀山本徳寺(兵庫県姫路市)の大広間北殿(桜の間障壁画)を制作。60歳代、70歳代では、30年以上研究した脱活乾漆という古典技法で弘法大師丈六坐像を4年がかりで制作し、92年、宝泉寺に奉納。さらに政策に20年余りかけた不動明王坐像が昨年完成した。

作品展では木彫、脱活乾漆など彫刻作品を中心に、最初期のパステル画や50歳代、60歳代で描いた仏画、近年の旅先でのスケッチ作品や書なども展示している。

 

▼ギャラリートーク=6月8日14時。学芸員が案内。

▼子ども向けギャラリートーク=6月2日14時。小学3年以上。

 

10-18時開館(入場17時半まで)。月曜休館。入館料300円(中学生以下無料)。

《問》042-574-1360たましん地域振興財団。

http://www.tamashin.or.jp/r_bijutsu/

 

 

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ