■ いのちのバトン 薬はみんなで作るものパート10「『乳がんを学ぶ』がん個別化治療時代の医療者と患者のコミュニケーション」

7月8日14時-16時半、立川市女性総合センター・アイムホール(立川駅北口徒歩5分)。

▼第一部・特別講演=昭和大学医学部外科学講座乳腺外科学部門教授・中村清吾さんの「乳がん個別化治療時代の医療者と患者のコミュニケーション」

▼第二部・基調講演「現場からの声:医療者と患者のコミュニケーション」。帝京大学教授の渡邊清高さん、東京西徳洲会病院乳腺腫瘍センター長の佐藤一彦さん、グループ・ネクサス・ジャパン理事の多和田奈津子さん、アレルギー患者の声を届ける会代表の武川篤之さん、NPO法人ブーゲンビリア統括理事長の内田絵子さんが話す。

▼第三部・パネルディスカッション「がん個別化治療の情報収集のあり方・伝え方とは」。中村さん、渡邊さん、佐藤さん、多和田さん、武川さん、NPO法人ブーゲンビリア統括副理事長の金杉敬子さんが話す。司会は内田さん。

参加費無料。申し込み不要。NPO法人ブーゲンビリアとファイザー株式会社の共催。

《問》070-3355-2020「いのちのバトン薬はみんなで作るものパート10」事務局。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ