■ 日本語&学習支援ボランティア研修

外国にルーツのある子どもが増えている。様々な文化的背景を持つ子どもを地域で支え、育てるために研修会が開かれる。

▼上映会「さとにきたらええやん」&ノンフィクションライター・北村年子さんトーク=10月20日14時-17時15分、日本基督教団東美教会(吉祥寺駅北口徒歩12分)。「さとにきたらええやん」は日雇い労働者の町・釜ケ崎で38年間続く子どもの集い場「こどもの里」を記録したドキュメンタリー映画。北村さんはホームレス問題の授業づくり全国ネット代表理事で、第6回女性人権活動奨励賞やよりジャーナリスト賞受賞。子育て支援や自己尊重トレーニングの講師としても活躍。参加費1000円(学生700円)。定員80人。

▼パネルディスカッション「様々な文化的背景を持つ子どもを地域で支え育てるために、連携する支援体制を」=10月27日14時-16時半、東京YWCA武蔵のセンター(吉祥寺駅北口徒歩10分)。パネリストは武蔵野市教育委員会帰国・外国人教育相談室の伊藤正子さん、武蔵野市国際交流協会の薦田庸子さん、ピナット~外国人支援ともだちネット(三鷹市)の出口雅子さん、外国にルーツのある子どもへの日本語・学習支援をする東京YWCAいちごの経山橋本匡子さん。参加費800円(学生500円)。定員35人。

《申》0422-27-5871(水-土曜日)、またはメールmusashino@tokyo.ywca.or.jp東京YWCA武蔵野センター。

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ