■企画展「文化人・山本有三の足跡−『竹』から読み解く昭和20年代」

9月28日まで(毎週月曜、7月19日、20日、9月20日、21日休館)9時半−17時、三鷹市山本有三記念館(三鷹駅南口徒歩10分)。大正から昭和にかけて劇作家、小説家として活躍した有三(1887−1974)は戦後の1947年から1953年、参議院議員を務め、国立国語研究所の設立や祝日法、文化財保護法の整備などに尽力した。また、良質な少年少女雑誌「銀河」の創刊や国語教科書の編集など子どもたちへ向けた仕事とともに国語改革にも熱心に取り組んだ。「戦後日本の復興に向けて」のコーナーでは、1948年に刊行された随筆集「竹」初版本、「銀河」創刊号などを、「参議院議員として」のコーナーでは選挙ポスター、選挙演説原稿などを展示。入館料300円(中学生以下、障害者手帳持参者とその介助者無料)。《問》0422−42−6233同記念館。
http://mitaka.jpn.org/yuzo/

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ