■多摩・武蔵野検定講座〜「開発」でみる多摩の歴史

 4月19日—9月20日の第1、3火曜10回(4、5月は第3火曜のみ、8月は第1、第5火曜)10—12時、多摩カレッジ国立教室(国立駅南口、たましん国立支店4階)。4年目を迎える「多摩・武蔵野検定」の公式講座。多摩らいふ倶楽部の多摩カレッジが開催。概論(法政大大学院教授、馬場憲一さん)、原始古代(小金井市教育委員会・伊藤富治夫さん)、近・現代(たましん地域文化財団・保坂一房さん)など、多摩の歴史、自然、産業、文化の変遷を学ぶ。府中熊野神社、東京都埋蔵文化センターの見学などの外歩きも。20人(最少催行人数7人)。1万6000円(ほかに、多摩らいふ倶楽部年会費3150円が必要)。
《申》042—526—7777多摩らいふ倶楽部。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ