町田のよさこい踊りグループ「踊り屋1zen」がYOSAKOIソーラン祭りで奨励賞受賞

町田市を拠点に活動するよさこい踊りの市民グループ「踊り屋1zen」が6月8日から12日に北海道札幌市で行われた「第20回YOSAKOIソーラン祭り」(同祭り組織実行委員会主催)で奨励賞を受賞した。

 

 

 

札幌で元気いっぱいに舞うメンバー(写真=前田昭さん撮影)

 

同チームは今年5回目の出場。2005年に初出場し、2008年から今年まで連続でエントリーしてきた。審査会場となった札幌の大通りで、小学5年生から60代のメンバーがオリジナル曲「Jyadance」を心をこめ、懸命に披露した。今年は同じ町田市で活動している和太鼓の市民グループ「東京町田町躍皷」も参加、総勢19人で臨んだ。

 

持ち時間は6分。Jyadanceは7年前から取り組んでいる曲だが、今回は曲のアレンジと振り付けを変えた。振り付けを担当したのは踊り子のリーダー、桜井悦子さん。地面に膝をつくところをアスファルトの暑さ対策として膝をつかない動きにし、フォーメーションも変更した。 本番では「いつもと変わらないけれど、広い会場なので足も腕もいっぱい広げて、ひとりで3人分踊ろうと伝えました。動きが大きくなったと思う」と桜井さんは振り返る。週に一度の練習では、去年から自発的に自主練習をするなど、メンバーの意識もじょじょに変わってきている。

 

今回は280チームが参加。奨励賞はこの中から20チームが受賞。帰路の途中でこの報を聞いた時には感激のあまり泣き出すメンバーもいた。 「東京、そして自分たちが大好きな町田を背負う、そういう思いで札幌に出場しました。今回はキレを感じるなど、以前とは動きが違っていたと感じました」と齊藤哲郎代表は話す。桜井さんは「奨励という言葉を見て、もっと励んでがんばって来年も来なさいということなのかと思います」と話していた。

 

大家族のような雰囲気がある同チーム。今後も仲間のことを思いやるチームカラーを守りつつ、メンバーも少しずつ増やしてさらに活動していきたいと考えている。 問い合わせは090-4426-2347齊藤さん。 踊り屋1zenホームページ 【http://www.1zen.info】

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ