青梅市「茶房ふきのと」

 青梅駅から旧青梅街道を奥多摩方面へ歩いて7、8分、「青梅坂下」信号の所にある小さな茶房だ。間口が狭く、大きな看板もなく、ひっそりとたたずんでいる店なので、気をつけていないと通り過ぎてしまいそうだ。
 この店の週替わり定食(650円)は、安価でおいしく、家庭的なあたたかさも味わえるお勧めの品だ。
 ある週のメニューは、いなりずしに押しずしがメイン。それにタケノコやハス、青ジソのてんぷらに、かけそばが付いていた。ある週は、雑穀ご飯にこんにゃくの豚肉巻きに、きんぴらゴボウや漬物の箸休め付き。
 家庭料理のよさがじんわり伝わってくる。料理を作るのは、店のおばちゃんこと、なかとうよしこさん(63)。一人で店を切り盛りしている。旬のもの、地元産の野菜などを使って、手間暇を惜しまずに作る。定食は1日20食限定。大量には作らない。飽きのこない味に、ランチ時には、主婦の会食や家庭の味を求める人でにぎわっている。
 開店は平成19年5月。なかとうさんは武蔵村山市在住だが、青梅の街の雰囲気やここの建物が気に入って、店を開いた。コツコツと料理を作り続け、味となかとうさんの飾らない人柄に、ここを癒しの場のように慕う常連客も増えているようだ。
 コーヒー付き定食は850円。コーヒー単品350円。自家製ケーキ300円。あんみつ、みつまめなどの甘味も。
 店内の壁面は、地元の人の絵や手工芸品など、展示の場にもなっている。 
 
<茶房ふきのと>
10時―18時営業、火曜定休のほか、週1回程度休みあり。青梅市上町352―2。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ