■ 第21回女と男のいきいきフォーラム八王子

 

2月25日、26日、八王子市クリエイトホール(八王子駅北口徒歩5分)。参加費無料。

▼    講演会「私が震災で見てきたもの~今までの教訓とこれからの課題~」=25日14-16時。阪神・淡路大震災の被災経験を持つNPO法人女性と子ども支援センター、ウィメンズネットこうべ代表理事の正井礼子さん(写真)が、防災や復興対策へのこれからの課題について話す。定員170人。手話通訳あり。

▼    分科会「主夫が教える『家庭を円満にするワンポイントアドバイス』」=25日10-12時。イラストレーターで「主夫3年生」の著者、イクタケマコトさんが主夫になったきっかけや主夫ならではの経験、仕事と主夫の両立などを話す。定員20人。

▼    分科会「~私の気持ちを伝えよう~初めてのアサ―ティブネス講座」=10-12時。アサーティブネストレーナー・岩井美代子さんを講師に、人とのかかわり方やコミュニケーションについて学ぶ。定員24人。

▼    映画会「ベッカムに恋して」=26日10-12時。グリンダ・チャーダ監督。定員72人。

▼    父子でつくる“おもしろ飛行物体”=26日10-12時。6歳以上小学生までの子どもと父親(または両親)対象。飛行機や竹とんぼなどを作る。定員12組。レクボラNO.1の企画。

▼    イクメンも語る イクメンのススメ=2月26日10-12時。男性の育児と家庭経営への積極的参加をめざす講座。特定社会保険労務士・櫻井三樹子さんとファイナンシャルプランナー・太矢香苗さんによるワンポイントセミナーのほか、現役イクメンが話す。定員30人。多摩らいふサポート企画、父親育児グループカシュパパ/ゆめぱぱ協力。

▼    災害時にも女性の視点を!Part2-被災地における女性たちのこの一年=2月26日14-16時。講師の平賀圭子さんは、東日本大震災当時、「もりおか女性センター」センター長で、今年度からは同センターアドバイザーを務める。震災後、NPO法人参画プランニング・いわて理事長として女性たちの支援に奔走してきた。定員60人。八王子手をつなぐ女性の会企画。

▼    展示=25日、26日。八王子手をつなぐ女性の会、八王子女性サークルが出展。

《申》042-648-2230、またはFAX042-644-3910、またはメールb050900@city.hachioji.tokyo.jp八王子市市民活動推進部男女共同参画課。

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ