■ 講演とトーク「これからの市民活動と情報発信」

6月30日14-18時、立川市市民会館(アミューたちかわ=立川駅南口徒歩10分)。都立多摩社会教育会館の「市民活動サービスコーナー」が2002年3月に廃止になったのを受けて、同年4月から活動を開始した「NPO法人市民活動サポートセンター・アンティ多摩」(立川市)が10周年になるのと、2002年6月に創刊した市民活動情報誌「市民活動のひろば」が2012年5月で100号を迎えたのを記念して開く。参加費500円。

第1部「アンティ多摩の10年と市民活動」では日本社会事業大学社会福祉学部教授・辻浩(ゆたか)さんが「生きづらい時代の地域づくりと市民運動-われわれはどんな社会を作ろうとしているのか」の題で講演。

第2部「情報誌『市民活動のひろば』の現在とこれから」(15時20分)では一橋大学大学院社会学研究科教授・町村敬志さんが「市民活動における情報発信の意義と課題-外国籍市民メディア研究の体験から」の題で講演。町村さんの司会で参加者によるトーク「『市民の活動ひろば』読み手・作り手大集合!」も。

第3部(18時15分)は交流会で参加費2000円。

《問》042-540-1663アンティ多摩。

http://homepage2.nifty.com/auntytama/

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ