■ 2012避難母子支援 市民ボランティア養成研修講座

7月6日、12日、19日、26日13時半-15時半、東京YWCA武蔵野センター(三鷹駅北口徒歩3分)。東日本大震災・福島第一原発事故後に住み慣れた土地を離れ、東京近郊に避難している親子は少なくない。先の見えない不安を抱えている避難母子・家族に対して、心の安定、生活の質向上、明日への希望に繋がる支援をしていくボランティアを養成する。

▼    7月6日=日本子どもソーシャルワーク協会・寺出壽美子さん「子どもに寄り添う・家族を支える-新地っ子の夏休みのプログラムから-」

▼    7月12日=寺出さん「子どものこころのケアとは-子どもたちとの出会いの中から-」

▼    7月19日=国際基督教大学・高橋伸さん「こころとからだのほぐし方-子どもたちと家族へのアプローチ-」

▼    7月26日=ルーテル学院大学・加藤純さん「親と子への支援-喪失についての理解と支援-」

東京都の新しい公共の場づくりのためのモデル事業で、8月末以降、避難母子を支援する場づくり(集い・語り合いの場)を予定(木曜と土曜の日中、月4回程度)。講座修了後、2回のフォローアップ研修会を予定。

18歳以上(高校生除く)の20人募集。場づくり支援ボランティアに参加希望者は4回の講座のうち、2回以上参加のこと。受講料無料。

避難母子を支える会議in武蔵野(武蔵野市、武蔵野市社会福祉協議会、東京YWCA)主催。

《申》7月4日までに、FAX0422-53-1436、または musashino@tokyo.ywca.or.jp 東京YWCA武蔵野センター内、避難母子を支える会議in武蔵野事務局へ。

《問》0422-52-3881同事務局。

 

 

Page 1 of 6 1
インフォ画像
ピアノカフェショパン 三和道場 東京多摩タウンズ たまけん広告 東京多摩タウンズ